So-net無料ブログ作成

ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売

"ProxySGVAの管理画面"  ブルーコートシステムズは3月16日、企業の支社などの仮想化環境での運用に対応したWAN高速化ソフトの新製品「Blue Coat ProxySG Virtual Appliances(ProxySGVA)」を発売した。 新製品は、VMware ESX 3.5で動作可能な製品で、推奨ユーザー数が10人までの「ProxySGVA-5」、同50人までの「VA-10」、同125人までの「VA-15」、同300人までの「VA-20」の4モデルを提供する。米DellのPowerEdgeサーバ上での動作を確認済みで、IBMやHewlett-Packard、富士通、日本電気などのサーバでも利用できるとしている。 基本機能はWAN高速化アプライアンス製品と同様で、ファイル転送やメール、マルチメディアなどの多様なアプリケーションに対応。パフォーマンスはアプライアンス製品に比べて制約を伴うものの、WAN帯域の50〜99%の削減とレスポンス時間の30倍の短縮が可能になるという。 同製品の運用に必要な物理サーバのリソースは、ProxySGVA-5の場合で仮想CPUが1コア、メモリが1Gバイト、VA-20の場合では仮想CPUが3コアでメモリが3Gバイトとなっている。 製品展開の狙いについて、マネージングディレクターのマッド・ベネット氏は、「仮想化技術を活用して支店のITリソースの統合や最適化に取り組む企業が増え、WAN高速化ソリューションを仮想化環境に組み込めるようにすることで、ユーザーの選択肢が広がる」と説明した。 同製品を利用することで、WAN高速化を含めた仮想化導入による物理サーバの削減やコスト削減などのメリットをユーザー企業が得られるようになると、同氏は述べている。 製品価格はいずれもオープンで、31日から出荷を開始する。■関連記事ブルーコート、クラウド活用のセキュリティソリューションを発表ブルーコート、映像などに対応したURLフィルタ機能を強化【ブルーコートシステムズ】に関連する最新記事【WAN高速化】に関連する最新記事【仮想化】に関連する最新記事

エレコム、キー間隔を空けることでタイプミスを減らしたフルキーボード

写真拡大TK-FCM015シリーズ  エレコムは、各キーが独立したアイソレーション設計で、タイプミスを軽減するフルキーボード「TK-FCM015シリーズ」を4月上旬から発売する。価格は4200円。 キーとキーとの間隔を空けたアイソレーション設計を採用。隣接するキーとの間にスペースがあり、複数のキーを同時に押すタイプミスを軽減する。長い爪も引っかかりにくく、爪を長く伸ばしていたり、ネイルアートをしている女性でも使いやすい。 キートップとキーボード本体の間はゴミやホコリがたまりにくい構造で、清掃などの手間も従来のキーボードよりも大幅に少なくなる。 キートップをラバードームで支えるメンブレン方式を採用。一般的なメンブレン方式よりキーストロークを浅くすることで、軽快なキータッチを実現した。アイソレーション設計の採用で、快適なタイピングを実現 キーピッチは広めの18.5mmで、日本語108キー配列にする一方、カナ表記をなくした英語表記のみのキートップを採用した。フォントはオリジナルで、スタイリッシュで見やすいデザインに仕上げた。カラーはブラックとホワイト。【関連記事】売れ筋ランキング【キーボード】エレコム、SDXCカードなど54種類のメディアに対応するカードリーダーエレコム、カプセル剤がモチーフのカラフルなカナル型イヤホン「ワイヤレス」がキーボード市場のカギ、各社高価格モデルに注力

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。